マカロンデーNYC

2日ほど、体調を壊してしまい、ブログがアップできませんでした。

もうすぐ、春かと思っていたら、2日前にいきなり吹雪、でも、その後は春らしいお天気になったNYです。

最近、NYにマカロンのお店が増えたんですよね。

私の家の近所にも、マカロンのお店がオープンしたのですが、そこは、マカロンだけではなくサンドイッチやスイーツ、コーヒーなどもあり、ランチタイムはにぎわっています。

ちなみに、マカロンってフランス生まれの焼き菓子ですが、カラーもきれいで見た目もきれいなかわいいスイーツです。

f0252571_15112155.jpg


今回、このマカロンを多くの人に知ってもらおうと、マカロンデーNYCが3月20日に開催されます。

2010年、フランソワペイヤール・ベーカリーのオーナーパテシエ、フランソワペイヤール氏の呼びかけによりスタートしたもので、今年で4年目を迎えます。

マカロンデーの発端ですが、パリの有名なピエールエルメ・パリが、病気に苦しむ子供たちへのチャリティーイベントとして開始されたものなのです。

今では、多くのショップが参加するパリのビッグイベントとなっています。

NYCでも、今年は、フランソワペイヤール・ベーカリーを筆頭に、小さなショップから、有名なショップなどが参加。

一般の人たちは、参加店のなかから12店舗を回ると、6個入りの特製マカロンが貰えるという特別企画もあるそうですよ。

これは参加店でパンチカードをもらって、回ったお店にパンチをもらうらしいのです。

マカロンデーの売り上げは、貧しい人々へ食事を配給する団体、シティーハーベストへ寄付されるらしいのですが、こういった寄付がNYCではよくあります。

宣伝だけではなく、その収益から貧しい人や子供たち、病気の人たちに寄付をするというのはとてもよいことですね。

おいしいマカロンを食べて、それが人々をヘルプするって、すばらしい。

私も、協力したいと思います。
[PR]
by fitandbeauty | 2013-03-11 15:19