細いからいいってもんじゃあない

先日、日本の男友達から、どうしたらもっと強くなれるかという相談をうけました。

彼は、細くて身長が高い。

もっと強くなりたいと相談を受けました。

彼は、身長が高いから、余計に細いのが強調されるようなんですよね。

私は、アメリカに住んでいるから、日本人の細い体が、弱く見えて仕方がないんです。

もちろん、反対にアメリカは肥満体系の人が多いので、その人たちから見ればうらやましい限りですが、、、。

でも、細いからかっこいいとか美しいというものでもないと思うんですよね。

細くても筋肉がなくなったらたれるし、おなか周りだけ脂肪がつくこともあります。

また、アメリカのモデルやセレブたちを見ていると、細くてもワークアウトはしているわけで、彼女たちは細くても、トーンアップされた体つくりを目指しています。

ビクトリアシークレットのモデルを見たらうらやましい限りのプロポーションをしているけれど、彼女たちもそれなりのワークアウトをして、トップモデルとしてのボディーを維持しているのです。

ちなみに、トーンアップってしまるところはしまって、出るところは出ている、凹凸のある体ですが、脂肪がなくトーンアップされた体はきれいですよ。

日本人の人は細い体にあこがれていますが、細いだけでは美しいとはいえません。

細くて、ある程度の筋肉がついてトーンアップされ、また姿勢がよいからだが美しいですよね。

日本に帰国をするといつも思うことですが、姿勢の悪い人、そして、内股の女性が多いとおもうのですが、とてもステキな歩き方だとは思えないんです。

多くの人は、筋トレをすると、筋肉がついてもりもりになると勘違いをする人がいますが、そうではないのです。

それは、トレーニングの内容によります。

男性で、筋肉を大きくさせて体を強く見せたいと思えば、それなりのトレーニングをすればある程度はなりますし、反対に、筋肉はつけたいけれど、トーンアップだけを目指したい人は、そういうトレーニング方法があります。

ただ、何もせずにいると、筋肉が衰えて重力の法則で必ず垂れるわけなので、健康でしかも姿勢をよくしたいと思うのであれば、ある程度の筋トレをするほうがいいですね。

また、同じワークアウトをずっと続けていると、筋肉が慣れてしまうので、ワークアウトの種類を変えたり、組み合わせを変えてやるほうがいいですね。

多くの人が、筋トレって面白くないって思っているかもしれませんが、それは一人でやるからかもしれません。

よいトレーナーをつけて、その人にあったトレーニングを、そして楽しくやると結果も出て楽しいものです。

こんなえらそうにいっている私ですが、私も以前はそう思っていました。

でも、私のトレーナーに出会ってから、トレーニングすることが楽しくなり、そして、結果が出たらもっと楽しくなってきたのです。

それがきっかけで私もトレーナーになったのですが、クライアントさんに結果が出て、その人たちがポジティブになって幸せになったらどんなにうれしいか!

だから、この仕事が大好きなんです。
[PR]
by fitandbeauty | 2013-03-15 14:37