睡眠と肥満の関係知ってますか

こんにちは。

週末は、ブログ更新ができませんでした(汗)

ところで、私は、とてもシンプルに体ができているっていうか、単純なんです。

自分では健康だと思っていますが、その秘訣は、食事とワークアウト、そして、睡眠を大切にしています。

この3つが基本で、その次にコスメやサプリってかんじでしょうか?

睡眠はとても大切ですけど、先日こういう記事をみました。

睡眠時間が7時間半、8時間が好ましいのですが、4時間以下の人って、睡眠時間が7,8時間の人に比べて、肥満の人が多いらしいのです。しかも、73%も肥満になる確率が多いんですよ。

これって、かなり高くないですか~。

ちなみにですね~、32歳から59歳の人を対象に調べた結果ですが、5時間程度のひとで50%、6時間でも23%太りやすい結果らしいのです。

その原因を聞いて、とても単純なことで、これまたびっくりしたのですが、起きていることにより消費カロリー以上に、つい食べてしまうことが多いからだそうなのです。

睡眠とホルモンってとても大切な関係があるのですが、空腹を感じるホルモンであるグレリンと呼ばれるホルモンと、脳にもうこれ以上食べるのはやめようと指令を出すホルモンの、レプチンの存在が関係するのだそうです。

睡眠不足になるとグレリンが増え、レプチンが減少するため、空腹を感じる作用が鈍くなるため、食欲がまし、肥満になるのです。

これだと納得してしまいますね。

また、睡眠不足によってコルチゾールというストレスホルモンが分泌され、ストレスホルモンのインシュリンの分泌を促すため、体内に脂肪が蓄えられやすくなるのです。

へーって感じでしょう。

睡眠不足になると、肥満の原因になり、また、疲れがとれなく、また集中力にも欠けますね。

人間の体って本当によくできていますね。

体によい食事をとり、ワークアウトをして筋肉をつけ、そして、夜はぐっすりと睡眠をとるのが健康の基本ですね。

ワークアウトをすることで、睡眠も促進するので、とても大切ですね。

私も、またよい知識をつけることができました。


それから、先日お勧めしたシャンプー、ぜひ使ってみてね。

http://ec.jp-news.jp/dr_nature/?ad=ay32VMDh0204dn

では、また
[PR]
by fitandbeauty | 2013-03-25 14:35