カテゴリ:未分類( 28 )

今日は、ちょっと違ったトピックです。

私は、アメリカのニューヨークに住んでいるのですが、このニューヨークっていろんな人種が入り混じっている街なんですね。

白人、黒人、アジア人、ラテン系など、さまざまです。

もちろん、体系も違えば細胞や遺伝子も違うわけです。

でも、私が見ている限り、白人がきれいなのは、若いときだけ。

20代のときはみずみずしいきれいな肌をしているけれど、30代になったら、だんだん肌にみずみずしさや張りがなくなってくる。

で、気がついたらしわができてるわけです。

ちなみに、日本の皆さんがあこがれているハリウッドスターのセレブたち、ほとんど整形をしていますよ。

どうしてこういう話題を出したかというと、今日、近所のドラッグストアーに買い物にいったんです。

そのとき、何気に目に入った雑誌の表紙がロバートレッドフォードだったんですけど、もう、しわくちゃの顔でみられない。

この写真です↓

f0252571_1430155.jpg


もう、お年なので仕方がないことかもしれないけれど、有名人だったらもう少し肌のお手入れしてほしいですよね。

でも、過去にボトックスはしていたと思うけど、整形でいじくりまわした顔ではないですね。

それから、メグライアンもあんなにかわいかったのに、ちょっと今では怖いかな~

f0252571_14371970.jpg


マドンナなんて、もう見れない、、、本当に怖い。

若いときに、きれいでちやほやされた人たちって、年をとっても、そのままの美しさでいたいという願望があると思うのだけど、加齢していくのに、しわもたるみもない顔って、不自然で怖い。

そして、1度だけの整形ならまだいいのだけれど、一度整形をしても、またたるんできてまた持ち上げないといけないから、だんだん顔が崩れていく。

その点、日本人の芸能人って、整形はしているけれど、目や鼻の形を変えるくらいで、それほど持ち上げたり、整形を何度も何度もしたりしていないからぜんぜんましね。

ハリウッドのセレブといわれている人たち、ほとんどが整形で顔をいじり、また、胸まで豊かにして、ぜんぜん自然じゃあないからきれいじゃないな。

誰でも、若くてきれいなままでいたいと思うけれど、やっぱりナチュラルに年をとっていくのが美しいと思う。

どうせ、お金と時間をかけるんだったら、ナチュラル美人になれるようなものに投資したほうがいいと思う。

それから、先日お勧めしたシャンプー、ぜひ使ってみてね。

http://ec.jp-news.jp/dr_nature/?ad=ay32VMDh0204dn

では、また
[PR]
by fitandbeauty | 2013-03-26 14:50
こんにちは。

週末は、ブログ更新ができませんでした(汗)

ところで、私は、とてもシンプルに体ができているっていうか、単純なんです。

自分では健康だと思っていますが、その秘訣は、食事とワークアウト、そして、睡眠を大切にしています。

この3つが基本で、その次にコスメやサプリってかんじでしょうか?

睡眠はとても大切ですけど、先日こういう記事をみました。

睡眠時間が7時間半、8時間が好ましいのですが、4時間以下の人って、睡眠時間が7,8時間の人に比べて、肥満の人が多いらしいのです。しかも、73%も肥満になる確率が多いんですよ。

これって、かなり高くないですか~。

ちなみにですね~、32歳から59歳の人を対象に調べた結果ですが、5時間程度のひとで50%、6時間でも23%太りやすい結果らしいのです。

その原因を聞いて、とても単純なことで、これまたびっくりしたのですが、起きていることにより消費カロリー以上に、つい食べてしまうことが多いからだそうなのです。

睡眠とホルモンってとても大切な関係があるのですが、空腹を感じるホルモンであるグレリンと呼ばれるホルモンと、脳にもうこれ以上食べるのはやめようと指令を出すホルモンの、レプチンの存在が関係するのだそうです。

睡眠不足になるとグレリンが増え、レプチンが減少するため、空腹を感じる作用が鈍くなるため、食欲がまし、肥満になるのです。

これだと納得してしまいますね。

また、睡眠不足によってコルチゾールというストレスホルモンが分泌され、ストレスホルモンのインシュリンの分泌を促すため、体内に脂肪が蓄えられやすくなるのです。

へーって感じでしょう。

睡眠不足になると、肥満の原因になり、また、疲れがとれなく、また集中力にも欠けますね。

人間の体って本当によくできていますね。

体によい食事をとり、ワークアウトをして筋肉をつけ、そして、夜はぐっすりと睡眠をとるのが健康の基本ですね。

ワークアウトをすることで、睡眠も促進するので、とても大切ですね。

私も、またよい知識をつけることができました。


それから、先日お勧めしたシャンプー、ぜひ使ってみてね。

http://ec.jp-news.jp/dr_nature/?ad=ay32VMDh0204dn

では、また
[PR]
by fitandbeauty | 2013-03-25 14:35
Dr Nature ヘアケアシャンプーを使ってるんですけどね、このシャンプーってマコンブエキスとヒバエキスの成分を含んでいるんです。

マコンブエキスって、北海青森でとれる自然界のアミノ酸、ステロール類をふんだんに含んだ天然保湿因子であるアルギン酸と多糖類を含んでいるため、保湿機能、保水効果に優れているんです。

ヒバエキス(ヒノキチオール)は、アトピーをはじめとする皮膚病にもよくきき、頭皮殺菌、ふけかゆみ、脱毛を予防します。

この成分を含んでいるシャンプーなので、毛髪、頭皮がきれいになり、ふけ、かゆみにもきき、そして、毛髪、頭髪のにおいもありません。

みなさん、アンチエージングで気にするのが、主にはフェイスでしょ。

でも、髪も老化するんですよ。

それに、顔と頭の皮膚はつながっているから、顔と同じように頭皮にも気配りが必要。

強力な洗浄剤を使うのではなく、保湿効果のあるシャンプーをつかって、毛髪、頭皮のコンディションを整えましょう。

http://ec.jp-news.jp/dr_nature/?ad=ay32VMDh0204dn

f0252571_14321455.jpg

[PR]
by fitandbeauty | 2013-03-22 14:33
ストレスって誰でも持っていると思いますが、重くなると怖いんですよね。
ストレスから薄毛になる人も多いんです。

血管が収縮するという減少が起こります。

偏頭痛や肩こりなども、ストレスからくることがありますが、これらも血管の収縮からおこります。

この血管収縮は毛髪にも影響を与えますけど、髪の頭皮って毛細血管から栄養補給されているから、それによって健康な状態を保っています。

髪って頭から生えていますけど、頭って体の一番上の部分にありますよね。だから血行不順になりやすく、血行が悪くなれば髪に栄養が行き渡らないために、髪が抜け落ちていきます。


また、ストレスにより自律神経失調症になり、その結果ホルモンバランスが崩れ、薄毛の原因になることもあります。

ストレスって、思っているよりも怖いんですよね。

なので、ネガティブな方向にものを考えないこと、そして、ワークアウトなどをして体を動かし、ポジティブなライフスタイルをおくることがよいですね。

そして、もちろんシャンプーなどにも気をつけてもらいたいですね。

髪と頭皮を守る刺激の少ないシャンプーです。

http://ec.jp-news.jp/dr_nature/?ad=ay32VMDh0204dn

アミノ酸系、ミネラルを豊富に含んでいるシャンプーでコンディショナーはいりません。

刺激もすくなく、頭皮を守ります。

お勧めです。

http://ec.jp-news.jp/dr_nature/?ad=ay32VMDh0204dn
[PR]
by fitandbeauty | 2013-03-21 14:18
アンチエイジングって言葉は、誰でも知っていますよね。

一応、簡単に解説をしておくと、エイジングは年を重ねることで、加齢、老化していくことですから、アンチは反対なので、つまり、加齢していくことを遅らせることですね。

誰でも年をとるのは当たり前ですよね。もちろん、20代と40代の体や肌を比べると、いろんな違いが見つかります。

40代のほうが、しみやしわ、たるみなどが目立っていますよね。それが、年をとってきていることなのです。

そもそも、年をとっていくと肌にはしわやたるみができてきて、そして、体力まで衰えていきます。

当たり前のことですが、原因がわかれば少しでも対処することにより、エイジングを遅らせることができますね。

なぜ人は年をとると老化していくのでしょうか?

その大きな原因のひとつは、活性酸素です。英語で言うと、フリーラディカルっていいます。

活性酸素とは、酸素よりも酸化力が強力な酸素のことをいいます。

普通に呼吸をしているだけで、体内で活性酸素が発生しますが、その他、ストレスや紫外線、タバコ、アルコール、排気ガスなども活性酸素の大きな原因ですね。

この活性酸素が体内の細胞を破壊するわけなのです。怖いですね。

コラーゲンやエラスチンといって、肌の土台となるとても大切な部分が酸化するわけですから、それが原因でしわやたるみができるのです。

また、内臓の細胞が酸化されると癌やまた、血管が参加すると動脈硬化などの疾患にもなります。

じゃあ、どうしたらいいのかということになりますが、まず、活性酸素をけす働きをする、抗酸化物質をとることです。

食事から体内に取り入れることも大切ですが、なかでも、ビタミンCやEは代表的な抗酸化物質です。

また、コエンザイムQ10も抗酸化力に優れています。

そして、喫煙やアルコールをなるべく控え、ストレスを作らないように心がけることも大切です。

スキンケアなどのアンチエージングはもちろん大切ですが、まずは体内で起こる変化を食事やライフスタイルの改善のより気をつけたいものです。
[PR]
by fitandbeauty | 2013-03-19 12:34
先日、日本の男友達から、どうしたらもっと強くなれるかという相談をうけました。

彼は、細くて身長が高い。

もっと強くなりたいと相談を受けました。

彼は、身長が高いから、余計に細いのが強調されるようなんですよね。

私は、アメリカに住んでいるから、日本人の細い体が、弱く見えて仕方がないんです。

もちろん、反対にアメリカは肥満体系の人が多いので、その人たちから見ればうらやましい限りですが、、、。

でも、細いからかっこいいとか美しいというものでもないと思うんですよね。

細くても筋肉がなくなったらたれるし、おなか周りだけ脂肪がつくこともあります。

また、アメリカのモデルやセレブたちを見ていると、細くてもワークアウトはしているわけで、彼女たちは細くても、トーンアップされた体つくりを目指しています。

ビクトリアシークレットのモデルを見たらうらやましい限りのプロポーションをしているけれど、彼女たちもそれなりのワークアウトをして、トップモデルとしてのボディーを維持しているのです。

ちなみに、トーンアップってしまるところはしまって、出るところは出ている、凹凸のある体ですが、脂肪がなくトーンアップされた体はきれいですよ。

日本人の人は細い体にあこがれていますが、細いだけでは美しいとはいえません。

細くて、ある程度の筋肉がついてトーンアップされ、また姿勢がよいからだが美しいですよね。

日本に帰国をするといつも思うことですが、姿勢の悪い人、そして、内股の女性が多いとおもうのですが、とてもステキな歩き方だとは思えないんです。

多くの人は、筋トレをすると、筋肉がついてもりもりになると勘違いをする人がいますが、そうではないのです。

それは、トレーニングの内容によります。

男性で、筋肉を大きくさせて体を強く見せたいと思えば、それなりのトレーニングをすればある程度はなりますし、反対に、筋肉はつけたいけれど、トーンアップだけを目指したい人は、そういうトレーニング方法があります。

ただ、何もせずにいると、筋肉が衰えて重力の法則で必ず垂れるわけなので、健康でしかも姿勢をよくしたいと思うのであれば、ある程度の筋トレをするほうがいいですね。

また、同じワークアウトをずっと続けていると、筋肉が慣れてしまうので、ワークアウトの種類を変えたり、組み合わせを変えてやるほうがいいですね。

多くの人が、筋トレって面白くないって思っているかもしれませんが、それは一人でやるからかもしれません。

よいトレーナーをつけて、その人にあったトレーニングを、そして楽しくやると結果も出て楽しいものです。

こんなえらそうにいっている私ですが、私も以前はそう思っていました。

でも、私のトレーナーに出会ってから、トレーニングすることが楽しくなり、そして、結果が出たらもっと楽しくなってきたのです。

それがきっかけで私もトレーナーになったのですが、クライアントさんに結果が出て、その人たちがポジティブになって幸せになったらどんなにうれしいか!

だから、この仕事が大好きなんです。
[PR]
by fitandbeauty | 2013-03-15 14:37
最近、30代後半の友達と会ったときに、思わず、あっと思ってしまいました。

もちろん、彼女にはいえなかったけれど、薄毛になっていたのです。

危険!!!

でもね、最近では20代や30代の薄毛のひとも増えていて、多くの女性が悩んでいるようですね。

ところで、40代になるとホルモンの分泌量が減ってくるっていいますけど、若いからといって安心はしていられませんよ。

過度なダイエットや乱れた食生活、栄養不足、睡眠不足、喫煙やストレス、そして出産でのホルモンバランスの乱れなどが、脱毛の原因となっているのです。

自分は大丈夫だと思っていても、知らない間にじわじわ薄毛はやってきているから、できるだけ知識を身につけて、予防をするのがよいですね。

ヘアサイクルを正常にするのが一番ですが、では、どうすればよいでしょうか?

髪の毛って、サイクルがあって抜けてまた生まれて伸びていきます。

そして、髪の毛がどんどん伸びるのが成長期で、その後、後退期となり、休止期を経て抜けていきます。

ですが、このサイクルが何かの原因で乱れてしまうと、成長の途中で毛が抜けていくのです。

ですから、このサイクルを正常に戻してあげることが大切なんですよね。

で、どうしたらよいのかということですが、使っているシャンプーを見直すことが大切です。

特にシャンプーの中に入っている頭皮によくない成分を使っているものが何かということを覚えておきましょう。

香料、着色料、石油系鉱物、パラベン、石油系界面活性剤、シリコン、合成ポリマー、動物性原料、紫外線吸収剤、などなどです。

そして、無添加の自然の成分を使ったシャンプーを使って、頭皮と髪を守りましょう。

私のお勧めシャンプーですけど、これは、コンディショナーがいらず、シャンプーだけでお手入れできるからとても簡単。

それなのに、ごわごわせず、髪がしっとりと落ち着きます。

髪に必要な保湿を与えてくれるから、ぱさぱさにもなりません。

ぜひ、一度お試しあれ!!!

f0252571_14265823.jpg


http://ec.jp-news.jp/dr_nature/?ad=ay32VMDh0204dn
[PR]
by fitandbeauty | 2013-03-13 14:28
2日ほど、体調を壊してしまい、ブログがアップできませんでした。

もうすぐ、春かと思っていたら、2日前にいきなり吹雪、でも、その後は春らしいお天気になったNYです。

最近、NYにマカロンのお店が増えたんですよね。

私の家の近所にも、マカロンのお店がオープンしたのですが、そこは、マカロンだけではなくサンドイッチやスイーツ、コーヒーなどもあり、ランチタイムはにぎわっています。

ちなみに、マカロンってフランス生まれの焼き菓子ですが、カラーもきれいで見た目もきれいなかわいいスイーツです。

f0252571_15112155.jpg


今回、このマカロンを多くの人に知ってもらおうと、マカロンデーNYCが3月20日に開催されます。

2010年、フランソワペイヤール・ベーカリーのオーナーパテシエ、フランソワペイヤール氏の呼びかけによりスタートしたもので、今年で4年目を迎えます。

マカロンデーの発端ですが、パリの有名なピエールエルメ・パリが、病気に苦しむ子供たちへのチャリティーイベントとして開始されたものなのです。

今では、多くのショップが参加するパリのビッグイベントとなっています。

NYCでも、今年は、フランソワペイヤール・ベーカリーを筆頭に、小さなショップから、有名なショップなどが参加。

一般の人たちは、参加店のなかから12店舗を回ると、6個入りの特製マカロンが貰えるという特別企画もあるそうですよ。

これは参加店でパンチカードをもらって、回ったお店にパンチをもらうらしいのです。

マカロンデーの売り上げは、貧しい人々へ食事を配給する団体、シティーハーベストへ寄付されるらしいのですが、こういった寄付がNYCではよくあります。

宣伝だけではなく、その収益から貧しい人や子供たち、病気の人たちに寄付をするというのはとてもよいことですね。

おいしいマカロンを食べて、それが人々をヘルプするって、すばらしい。

私も、協力したいと思います。
[PR]
by fitandbeauty | 2013-03-11 15:19
今まで自分では、当たり前だと思って使っていたことが、実は危ないことだったなんて?

通常、ほとんどの女性はシャンプーの後、リンス、もしくはコンディショナーを使っていると思うんです。

でも、実はそれが危険だったとしったら怖くありませんか?

日本で使っているリンスとコンディショナーって、呼び方が違うだけで同じものです。

これらは、髪の表面をポリマーという油性の成分で覆って、手触りをよくしさらさら感をだします。

で、このポリマーというのはあまりよくないのですが、ビニール上の被膜なんです。

そして、中には乳化剤として合成界面活性剤を含んでいるもの、ジンクピリチオンなど、たんぱく質分解成分の含まれている製品もあるので、気をつけなければいけません。

また、多くのコンディショナーはシリコンやポリマーなどの人工生物で髪の表面をコーティングするだけで、髪に浸透をして補修したり、保湿するような働きはありません。

そして、コンディショナーはとにかくよく洗い流すことです。

成分が残っていたほうがしっとりするだろうと思い、成分をある程度残そうと考えるのは大間違い。

洗い流すことにより、髪に付着してコーティングするのです。

そして、ここが大切なのですが、けして頭皮につけないようにします。もちろん、頭皮につけてもよいものもありますから、しっかりと選んでつかいましょう。

頭皮に悪い成分を含んでいる製品も多いため、できるだけ髪の毛だけにつけて使用することがポイント。

でも、この商品は大丈夫なので、安心して使えます。私のお勧め商品です。

f0252571_1324030.jpg


http://ec.jp-news.jp/dr_nature/?ad=ay32VMDh0204dn
[PR]
by fitandbeauty | 2013-03-07 13:27
ギリシャ料理って、地中海料理として有名ですが、新鮮なシーフードやグリーン、真っ赤なトマト、フェタチーズやオリーブオイルなどが有名ですね。

素材のよさを生かした料理が多く、日本人にも好まれる料理だと思うんです。

f0252571_14224644.jpg


f0252571_14231094.jpg


ところで、今回このギリシャ料理が心臓病を回避させるというニュースが出ていました。

これはすでに実験もされているのですが、心臓病をもつ人を対象にギリシャ料理のダイエットを行ったところ、心筋梗塞や心臓発作を30%ほど回避させることが明らかになったのです。

また、地中海沿岸諸国は、心臓病の死亡者が少ないらしく、オリーブオイル、ナッツ、魚介類、豆、野菜や果物を豊富に摂取し、とてもバランスが取れた食事であるということらしい。

そして、低脂肪な食事であり、おいしくいただける食事であることから、無理することなくダイエットもできるから、心臓の負担を抑えることができるのだと思う。

私が海外に住みだして、また、トレーナーになって思うことは、もちろん日本食も、低カロリーであり、日本食がダイエットとしてブームにもなったけれど、いくつか思うこともある。

それは、気をつけないと、炭水化物を取りすぎてしまうこと。日本人だけではなく、アジア人がそうなのだけれど、ご飯と麺類を多く摂取するから太る原因にもなる。

そして、もうひとつは、塩分と添加物が多いこと。

日本は添加物王国といわれるほど、さまざまな食品に添加物が入っているから気をつけなければいけない。

もちろん、私は日本食は大好きで毎日のように食べているのですが、自分で気をつけて食事をしないと、栄養が偏ってしまい、炭水化物を多くとりすぎている傾向にあることもある。

話は戻るのですが、今回取り上げられたギリシャ料理は、素材の良さを生かした新鮮な食材を使用したシンプルな料理、そして、ナッツや豆類、オリーブオイルなども含め、バランスが取れているところが健康的。

これを食べていたらやせられるというものではないけれど、心臓の敵である脂肪分が少なく、だから、心臓病を回避できるのでしょうね。

なるほど、、、ですね。
[PR]
by fitandbeauty | 2013-03-05 14:40