ワークアウトのメリット

ワークアウトをして筋肉をつけると、どんなメリットがあるのでしょうか?

まず、筋肉がつくと基礎代謝量が向上しますが、それが増えると、エネルギーを消費しやすい体になります。

じゃあ、基礎代謝量ってなんでしょうか?

それは、運動をしてなくても消費されるエネルギーの量のことをいいます。

ということは、どういうことかというと、太りにくい体質になるということですね。

筋肉がつくことにより、脂肪が燃えやすくなるので、筋肉はある程度はついているほうが健康によいってわけです。

そのほかには、心臓や血管の働きをつよくしたり、血液の流れが活発になるのです。

これは体にとってとても大切なことですが、年齢が上がるにつれ筋肉も衰えていくわけですから、ワークアウトは、頻繁にやったほうがいいってことですね。

見た目もシェイプされ美しく、そして、内臓や血液の流れがよくなりますから、冷え性や肩こりの人にも効果的ですよ。

また、体はどの部分もリンクしているわけですから、筋肉がついてくると、顔もしまってくるし、サイズも小さくなりますよ。

とにかく、苦しいことをするというイメージを持たず、楽しみながらやるのが大切。

今流行のズンバやプラテスのクラスをとってもいいし、トレーナーにメニューを組んでもらって筋トレと有酸素運動をミックスさせたトレーニングをしてもいいし、自分にあったワークアウトを見つけましょう。

あと、自分のゴールを持つことも大切です。

やせたい人だったら、何キロ、いつまでに落としたいとか、ワンサイズ下の洋服を着たいとか、なにか目標をもつと、やる気もでてきますよね。

そして、鏡をみて、しまったきれいな体になっていく過程をチェックしましょう。
[PR]
by fitandbeauty | 2013-02-08 14:33