睡眠と健康の関係

トレーニングをすることの重要性の中に、睡眠を促進するということも含まれています。

睡眠って、人間の体にとってとても大切なことですが、体の疲れを取るだけではなく、脳を休めるためにもとても大切なことなんです。

以前のブログにも書きましたが、私の健康でとても大切なことは、食事、ワークアウト、そして、睡眠の3つです。

私はあまり深く睡眠するタイプではないので、ある程度の睡眠時間が必要なのですが、最低でも6時間、ベストな睡眠時間は、7時間半が一番からだが快適な状態になるんですよね。

ところで、睡眠が必要なことは皆さんもご存知だと思いますが、睡眠は疲れをとるだけではなく、体内のホルモンが分泌され、新陳代謝を促進するからなんです。

そうすることにより、免疫力を高めます。反対に睡眠不足になると、体力が低下し、集中力がなくなったり、判断力も低下します。

ところで、睡眠にはリズムがあること、ご存知ですか?

ノンレム睡眠といって、心身ともに深い眠りについている状態と、レム睡眠といって、体は眠っているけれど、脳が覚醒状態になっていることをいうのですが、その周期が1時間半ごとに繰り返されています。

なので、私の目覚めが7時間半がベストなのは、1時間半の倍数で、そうでなければ、6時間が体が楽におきれます。

個人差があるので、一概には言えないかも知れませんが、多くの人は1時間半の倍数の睡眠をとるのが、目覚めよくおきれるようですね。

あと、私はベットで少し本を読んで、その後すぐに眠れるタイプなのですが、よく、なかなか眠れないってい人がいると思うのですが、できるだけ、睡眠をさまたげるものを避けるようにするといいですよね。

たとえば、コーヒーや紅茶などに含まれているカフェイン、それに、アルコール、タバコや、遅い時間の食事もそうですね。

アルコールは一瞬眠りを誘いそうなのですが、深い眠りにつけません。そのため、目覚めた後が体が疲れていたりします。また、遅い時間の食事も、まだ胃の中が消化していない状態になるので、最低睡眠時間の3時間以上前は、何も食べないのが理想ですね。

自分にあった質のよい睡眠をとって、心も体も、そしてお肌も元気でありたいですね!
[PR]
by fitandbeauty | 2013-02-24 16:32