食べてないのに太る原因?中年太り?

よく、そんなに食べていないのに、最近太ってきたとか、食事の量も運動量も同じなのに、体系が変わってきたっていう人、周りにいませんか?

特に、ある年齢になると、そ~ですね、40代くらいからでしょうか、いきなり中年太りになってきた人いらっしゃいますよね。

それは、筋肉が減少しているのに対して、脂肪が増加していて、基礎代謝が低下しているからです。

そうです、基礎代謝の低下です。

若いころに比べ運動量も減り、さらに基礎代謝量も減っているのですが、若いころと同じような食事を取り摂取していると、太ってくるのは当たり前ですよね。

摂取エネルギーが消費エネルギーを上回っていく傾向にあるので、太るのは当たり前。

基礎代謝で使われるエネルギーは、内臓の消化を助けたり、体温を保つために使われる消費量です。

その基礎代謝量が、加齢とともに低下しているのですが、これは目に見えるものではなく、じわじわとやってくるものなのですよ。

もう、それはワークアウトしかありません。

体重だけを落とすのは、食事の摂取を減らすことが大切ですが、それだけでは健康的とはいえませんよね。

食事の内容を考えて摂取量を減らし、プラス、ワークアウトをして筋肉をつけ、シェイプさせ、プラス、筋肉をつけることによって、太りにくい体質をつくるんです。

できたら、最低でも週に2回のワークアウト、出来たら4、5回ほどが好ましいですが、皆さんそんな時間もないかもしれませんので、2回を継続させて行うことがよいですね。

ニューヨーカーも超多忙の人がたくさんいらっしゃいますが、それでも、早朝からジムでワークアウトをしてから出勤するという人多いですよ。

また、お昼休みの1時間に、クラスとをとって楽しくワークアウトをする人もいます。

時間なんて、作ろうと思えば作れるものです。

そして、仕事ができる人ほど、自分の健康管理をしっかりして、コントロールできています。

私は、皆さんが中年になられても、いつもきれいな体、そして、健康で明るくいてほしいなといつも思っています。

がんばりましょう。
[PR]
by fitandbeauty | 2013-02-28 10:09